仲良し老夫婦

いらなくなったパソコンを破棄する際に、絶対に忘れてはならないのが「データ消去」です。
文字通りパソコン本体を破壊して、利用不可能にして破棄するのならともかく、もしそうではないとしたら、その「データ消去」を忘れると、とんでもない事になる可能性があります。
持ち主の個人情報はもちろん、中には仕事で使用していた顧客等の個人情報なんんかが残っていたとしたら、大事件に発展してしまう危険性が大きいです。
そのため中古ショップ等に売る際や、誰かに譲渡する際には、絶対に内部の「データ消去」はしなければなりません。
そこで今回はその消去について説明していきたいと思います。

基本、パソコンのデータの消去は、「パソコンの初期化」によって可能です。
特に売却をするのなら、いちいち手動で情報を消去するよりも、一気にフォーマット化した方が、手間隙もかけずにできて、消去のし忘れもありません。
さらに買取店の側でも、初期化の手間は省けます。

効率のいいデータ消去法

さらに売却の際にデータ消去が不十分の場合は、万が一情報が流出した時に、買取店をも巻き込む大事に発展する危険性もありますので、そのような処理は、必ず自分で責任を持って行うべきでしょう。
それが所有者としての、最低限度の常識とも言えるからです。
「初期化」についてはその機種によって、方法が分かれています。
本体に付属品としてフォーマット用のディスクがついているものもあれば、ソフトが内蔵されていて、特定の操作法でそれを起動させるという形式のものもあります。

その点は説明書をよく読んで対処すべきですが、最近ではネットで機種別の「初期化」の方法を説明しているホームページもありますので、その辺りを参考にするとよいでしょう。
このように、データの消去というものは、行うのはそう難しいものではなく、すぐにできるものなので、本体を処分する際には必ずするべきです。
それによって大きな被害を防げるという意識は、常に持っておくべきでしょう。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031